技術情報・導入事例

自動火災報知設備

棟間の渡りや配線が屋外設備につながる自動火災報知機は雷サージの影響を受けやすい

近年、全国的に多数の死傷者が出る火災が発生したことを踏まえ、平成27年4月1日に消防法が改正され、主に社会福祉施設、診療所及び旅館ホテル関連において自動火災報知器の設置が義務付けられるようになりました。自動火災報知器が設置されている建物と未設置の建物の死者数発生率は、大幅に異なり効果があります。その様な設置義務化の流れに伴い、自動火災報知器の雷対策のご相談も多数いただいております。
防災センターや警備室などに設置されている自動火災報知器受信機は各フロアや建屋につながっている感知器、発信器からの信号を受信し、表示するとともに、建物内に警報を発しますが、雷被害による故障で警報が発信されないという事態も想定されます。また複数の棟を監視している場合、雷サージの影響をさらに受けやすいため、対策が必要です。特に重要施設や重要文化財の場合は、雷サージによる自動火災報知器の不動作、誤動作は許されません。

対策していない場合の危険性
  • 雷サージにより自動火災報知器受信機や感知器、発信器が破損。
  • 雷サージにより自動火災報知器が不動作、誤動作。
対策ポイント
配線長が長い場合や棟間を渡らせている信号回線がある場合は受信機直近に信号回線用SPD(形式:SL-KH24J)、を設置します。受信機の電源側には電源用SPDを設置します。また、末端の感知器にはフロア端子盤などに信号回線用SPDを取り付けることにより雷サージによる故障リスクを低減させることができます。