導入事例

EV充電スタンドの雷対策

EV充電スタンドは屋外にあるため注意が必要

電気自動車(EV)などの非ガソリン車の普及促進は、世界的な大きな課題として、注目されています。日本政府が2050年にカーボンニュートラルを実現する目標を掲げ、東京都は都内の温暖化ガスの排出量を2030年までに00年比で50%削減する方針を示すなど、国内でもEVをめぐる動きが活性化しています。
電気自動車(EV)の普及促進のカギに充電スタンド(急速充電器)の普及が欠かせません。この充電スタンドにも雷対策が必要です。これは屋外に充電スタンドがあるため、雷の影響を受けやすいからです。
電気自動車(EV)メーカーは十分なサージテストを行っておりますが、雷は自然のエネルギーのため、想定外の雷電流が充電スタンドに侵入する可能性があります(現時点で雷サージがEVの重大事故につながった報道はありません)。

対策していない場合の危険性
    雷サージによりEV充電スタンドが破損

EV充電スタンドの雷対策ポイント

対策ポイント
雷対策としては、充電スタンドに電源用SPD(避雷器)を設置します。これで電源または接地から侵入する雷サージを防ぐことができます。
被保護機器であるEV充電スタンドの直近にSPDを取り付けることで、より高い雷保護効果が期待できます。
充電スタンドにSPDを設置し、雷対策を施すことで、より安全に電気自動車(EV)の普及促進に貢献できます。
対策例

設置例

EV充電スタンドの雷対策製品