技術情報・導入事例

SPD分離器とは

JIS C 5381-11 の追加要求性能について

電源用SPDの試験規格であるJIS C 5381-1は廃止され、JIS C 5381-11が制定されました。制定に伴い、SPD故障時の安全性能試験として、短絡電流耐量試験が追加されました。

主な追加試験

試験 主な内容
熱安定性試験 SPDの劣化により漏れ電流が増加し、異常発熱した場合、発煙、発火の有無を確認する試験。
短時間過電圧(TOV)試験 電力系統の事故により発生する一時的過電圧によりSPDがどのような破壊モードになるかを確認する試験。
短絡電流耐量試験 SPDが故障し、短絡モードに至った場合、安全かつ速やかに電源線から切り離すことを確認する試験。SPD分離器と組み合わせて実施する。

短絡電流耐量試験とSPD分離器

従来よりOTOWAの電源用SPDは、SPD内部に切り離し装置を内蔵することで、SPD短絡故障時には、安全に切り離す製品を業界に先駆けて提案してきました。JIS C 5381-11では短絡電流耐量試験が追加され、小さな短絡電流から大きな短絡電流までを遮断することが要求されました。これにより、SPDと組み合わせて短絡電流を遮断するためにSPD分離器が必要となりました。

電源用SPD配線例(単相3線式、三相3線式の例)
電源用SPD配線例(単相3線式、三相3線式の例)

SPD分離器の目的と選定

SPD分離器の目的はSPDの短絡故障時に短絡電流を安全に遮断することです。これにより万が一、短絡故障を起こしても、安全に回路から切り離すことができます。
なお、SPD点検時には、SPDを回路から開放し無電圧での作業が必要です。SPDに点検用断路機能がある場合、主幹の配線用遮断器を切らずに負荷機器に通電したままでSPDの点検が可能となります。

電源用SPDのSPD分離器は、SPDの種類に応じて適切な選定が必要です(基本的にはメーカーの指定する分離器を選定します)。
OTOWAでは、クラスⅠまたはクラスⅡSPDに対応した外部分離器や、内部分離器と点検用断路機能をもつSPDなど、各種ご用意しております。

SPD分離器の目的と選定
SPD分離器として配線用遮断器などの顧客指定がある場合は、別途お問い合わせください。

関連製品