製品案内

インパルス発生器

  • インパルス発生器はお客様のご要望に合わせた仕様で製作が可能です。
       ご希望等ございましたらお問い合わせください。


    問合せ

特長

1. インパルス(電圧・電流)発生器の設計・製作
  • 標準的なインパルス電圧( 1.2/50μs波形)およびインパルス電流(8/20μs波形)以外にも、
  • お客様のご要望に合わせた各種波形の電圧・電流発生器を設計、製作します。
  • インパルス発生器を使った試験風景(試験内容:SPDの動作試験)

  • 2. JIS・IEC規格に準拠したインパルス発生器(コンビネーション波形発生器)
    • 電源回路用、通信回路用のコンビネーション波形発生器により、
    • 各種の電気機器および通信機器の雷サージ許容度試験、雷対策の効果確認試験に適用できます。
    3. メンテナンスも対応
    • 定期メンテナンスもご要望に応じて対応します。

    【参考波形(電圧/電流波形)】

    インパルス発生器 仕様例

    衝撃電圧発生装置
    • 準拠規格:JEC-0202、JEC-213
    • 入力電源:AC100V 1φ 50or60Hz 20A
    • 公称電圧:400kV.P
    • 最大発生電圧(無負荷時):320kV.P 以上
    • 最大充電エネルギー:10kWs
    • 波形:①1.2/50μs②1/40μs

    インパルス発生器とは

    インパルス発生器とは、サージ(雷サージ、開閉サージ)を模擬したインパルス波形を発生することができる装置です。電圧に特化した試験器をインパルス電圧発生装置(発生器)、電流に特化した試験器をインパルス電流発生装置(発生器)といいます。インパルスとは、サージに対する製品の評価試験を行うための人工的に作られた試験波形のことをいいます。雷サージ電圧に対する耐電圧性能を確認する際には、1.2/50μsの電圧波形が用いられています。それ以外にもOTOWAでは多種多様な波形に対応いたします。

    納品までの流れ

    インパルス発生器のご相談、設計、納品(施工)、メンテナンスまで一貫してご対応いたします。

    お客様によってニーズはさまざまです。ご要望にお応えさせて頂くため、ご相談後のお打ち合わせを丁寧に行い、
    ご要望に沿った設計のご提案から製造、メンテナンスまでを円滑に行うことが可能です。

    STEP01ご相談
    インパルス発生器に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。
    STEP02お打ち合わせ
    インパルス発生器の用途や試験器の詳細(対応規格の有無、インパルス電圧及び電流値や波形、納期、納品時の搬入方法など)をお打ち合わせいたします。お打ち合わせいただいた内容をもとに、最適なご提案をさせていただきます。
    STEP03ご発注
    お見積りの仕様、価格、納期、お取引条件をご確認のうえ、ご了承いただければ、ご発注となります。
    STEP04製造
    お打ち合わせ、設計を通して、ご要望に沿った商品を製造いたします。
    STEP05納品
    運送便でご要望の場所や時刻に納品いたします。またご要望に応じて、据付工事も承ります。
    STEP06メンテナンス
    ご要望により、定期的なメンテナンスも承ります。

    用途

    雷インパルス発生装置

    JIS C 61000-4-5、IEC 61000-4-5に対応します。
    ・電源回路用:電圧波形 1.2/50μs,電流波形 8/20μs
    ・通信回路用:電圧波形 10/700μs, 電流波形 5/320μs
    電源回路または通信回路に重畳してインパルスを印加する場合に用いる各種の結合/減結合回路網(CDN) もご用意できます。