雷対策マメ知識

近年の雷被害雷の年間被害額は推定2000億円

第11回佳作 夜叉の舞 圧縮
↑第11回雷写真コンテスト 佳作「夜叉の舞」
雷の年間被害額は推定1000億円から2000億円と言われています。(電気学会技術報告 第902:2002年)
この金額は例えば、落雷の影響で工場の機器の故障などの直接的な被害だけでなく、作業が停止したなどの2次被害を含みます。
雷被害の原因の多くが誘導雷(ゆうどうらい)によるものです。

 数キロ先の落雷で電気製品が壊れてしまうことがあります

数キロ先に雷が落ちただけで電気製品が壊れてしまうことがあります。

この原因となるのが誘導雷といわれるものです。
誘導雷とは、近傍の樹木や建物などに落雷した場合、雷放電路に流れる電流による電磁界の急変により、電線に発生する過電圧のことです。
落雷地点周辺にある電線や電話線、アンテナなどに発生し、誘導雷が電線などを伝って建物内に入り込むことで、電気製品を故障させます。
誘導雷の影響は数キロ先まで及ぶと言われています。近くでゴロゴロと雷が鳴ったら、誘導雷の危険性があります。

2
落雷によって、落ちたところの周囲の空間に電気的な変化が生じ、空中に張ってある電線に大きい電流・電圧(雷サージ)が発生する。

省エネ家電は雷に弱い!?

焼けた基盤 HP用
↑誘導雷によって基盤が破損
最近の電気製品はより小さなエネルギーで動くために、少しの異常電圧でも、誤動作や故障を起こしやすい傾向にあります。
また、パソコンなど電気製品は電源線や通信線など複数の回線に繋がっており、その分だけ雷の侵入経路が増えることになります。
以上のことから、最近の電気製品は雷に対して非常に弱くなってきていると言えます。 このような誘導雷による被害を防ぐためには、避雷器という装置を取り付けることが効果的です。

雷の侵入経路はたくさんあります

雷の侵入経路

雷の侵入経路として、主に4つあげられます。

  1. 電源線(コンセントなど)
  2. 通信線(電話回線やケーブルテレビ、インターネット回線など)
  3. アンテナ(テレビアンテナなど)
  4. 接地線(アース線など)

これらの侵入経路から、雷は家に入りこんできます。そのそれぞれの侵入経路に対して適切な避雷器を取り付けることで機器を守ることができます。

家庭で使える雷対策製品

避雷器は守りたい機器の手前に取り付けることで、機器を守ることができます。
なお、製品の詳細はこちらをご覧ください。

●コンセントタイプの避雷器

10.03 パソコンタップ使用例

延長コードの感覚でコンセントにさすだけで、雷を防ぐことができます。

●電源線用避雷器(分電盤)

page_taisaku2

分電盤に避雷器を取り付けることもできます。(電気工事士の資格が必要)