電源トラブル対策

停電対策
UPS無停電電源装置

「UPS無停電電源装置」なら、さまざまな電源トラブル(電源障害)に対応。

UPS無停電電源装置は、完全に電力がなくなる停電のほかにも瞬停(瞬時停電、瞬断)、瞬低(瞬時電圧低下)、電圧変動、サージ(雷サージ、開閉サージ)、ノイズなどの電源トラブル(電源障害)に対応します。

UPS無停電電源装置は、さまざまな
電源トラブルに対応できます。

UPS無停電電源装置ならさまざまな電源トラブルに対応

電源が停止するトラブル

  • 停電
  • 瞬停(瞬時停電、瞬断)

電圧が変動するトラブル

  • 電圧過不足(過電圧状態、電圧不足状態)
  • 瞬時電圧低下(サグ、瞬低)
  • 瞬時電圧変動(雷サージ、開閉サージ)
  • 周波数変動

接続機器などの外因によるトラブル

  • 電圧波形ひずみ
  • 高周波ノイズ

電源トラブルはOTOWAにお任せください

お問い合わせはこちら

選ばれる3つの特長

信頼性の高い給電方式

信頼性の高い常時インバーター給電方式を採用することにより、他の給電方式と比べて、常に負荷機器に安定した定電圧、定周波数を供給します。また、停電/復電時は無瞬断で切替を行います。

長寿命バッテリーによる圧倒的なコストパフォーマンス

期待寿命10年の長寿命バッテリーを搭載(標準的なUPS製品は、5年でのバッテリー交換が一般的)。
バッテリー交換にかかる費用を大幅に低減します。

バッテリーの期待寿命は、使用環境状況、負荷率、放電回数によって異なります。期待値であり、保証値ではありません。

電源供給 無瞬断切替サービス(オプション)

従来は、UPS無停電電源装置の更改時に一度ICT機器の電源を停止させる必要がありましたが、無瞬断切替サービスによって、システムの運用を継続したまま、UPS無停電電源装置を更改できます。

<UPS無停電電源装置の動作のしくみ>

常時インバーター給電方式

通常時、電源異常時ともに、常に整流器とインバーターを通して電力を供給することで、電源ノイズなど、商用入力の乱れに左右されずに、常に整えられた正弦波を供給することができます。停電が発生した場合でも無瞬断でバッテリー運転に切り替えることができる、最も信頼性の高い給電方式です。

メリット
  • 常に一定の電圧、周波数を維持できる
  • 入力電源のノイズ、電圧変動等が改善できる
デメリット
  • インバーター等の運転による内部変換ロスがある
適用システム
  • 高い電源品質が要求されるシステム

電源トラブルはOTOWAにお任せください

お問い合わせはこちら

「UPS無停電電源装置」とは

無停電電源装置(UPS)とは、予期せぬ停電や入力電源異常が発生した際に、電源を供給する機器(負荷機器)に対し、一定時間電力を供給し続けることで機器やデータを保護することを目的とした装置です。
UPSとは「Uninterruptible Power Supply」の略で、日本語では「無停電電源装置」といいます。

一般的に電力変換部(電気回路)とバッテリー(蓄電部)の組み合わせで構成され、停電や瞬低が発生した際にバッテリーに蓄えられた電力により安定した電力を供給し続けるとともに、電力変換装置の機能によって電源トラブル(電源障害)が機器に与える影響を防ぎます。

多様なシーンで活用できるUPS無停電電源装置
UPS無停電電源装置は、ビジネスの様々なシーンで利用されています。「情報」「安全」「通信環境」「生産性」など、電源異常から保護しなければならないものは多岐にわたります。そのため、使用される環境、目的、保護する対象となる負荷機器等に応じて、適切な製品を選択する必要があります。

「瞬時電圧低下補償装置」との違い

瞬時電圧低下補償装置(瞬低補償装置)は瞬低対策に的を絞った装置です。瞬時電圧低下補償装置は、電圧低下を検知すると瞬時に電力をバックアップし、設備の瞬低トラブルを未然に防ぎます。停電よりも発生頻度の高い瞬低対策用として設計しているため、優れたコストパフォーマンスを発揮します。

電源トラブルはOTOWAにお任せください

お問い合わせはこちら

使用禁止条件

当社のUPSは、以下の様な目的では使用しないようお願いします。

  • 医療機器、救命機器など、人命に関わる負荷機器への電源供給
  • 計画停電の様な長時間の停電が予測されている状況下での使用
  • UPSに供給する電源が毎日のような高頻度で断となる状況下での使用
  • ホコリの多い所、腐食性ガスや塩分が発生する所、強い振動のある所での使用

電源トラブルはOTOWAにお任せください雷対策を知り尽くしたOTOWAだからできる電源の安定供給のサポート