「健康経営宣言」について

「健康経営宣言」について

音羽電機工業では社会への貢献と、さらなる発展を展望していく上で従業員の健康を重要な経営資源、
また企業活動の源(ミナモト)と捉え、健康経営を一層推進すべく「健康経営」を制定いたします。

健康経営宣言
我が社は自然の脅威、雷から顧客の“命と財産”を守る商品づくりを通して
“21世紀の社会にナンバーワンで貢献”を継続するため、従業員の健康管理を会社経営の基本とする。
働く人、一人ひとりが健康で充実した日々を送り能力が発揮できるよう
「心と体の健康づくり」に我が社は役割を果たし、各自が健康維持・増進に取り組む事を宣言する。

2018年10月1日

音羽電機工業株式会社

代表取締役社長 吉田 修

主な取り組み(重点施策概要)

安全衛生管理室長を健康管理責任者として健康維持・増進に繋げるべく以下の重点施策に取り組みます。

職場の健康
  • ワークライフバランスの教育、取り組み、推進。
  • コミュニケーションの促進、取り組み。
身体の健康
  • 定期健康診断の確実な実施とフォローの取り組み。
  • 運動機会の増進に向けた取り組み。
  • 生活習慣病など健康保持増進教育の実施。
心の健康
  • メンタルヘルス教育の実施。
  • ストレスチェックの実施(全従業員)と集団分析活用の職場改善。