会社情報

  • 沿革
  • 表彰履歴

沿革

1946年
  • 京都市東山区五条坂に、有限会社音羽電器製作所として発足
  • 引込安全器の製作・販売を開始
1947年
音羽式電流制限器の製作を開始、各配電会社に納入
1950年
中国電力株式会社が多年の研究により発明した紙アレスタの製造権を受諾、Pバルブ避雷器の製品名で製造に着手 Pバルブ避雷器
1955年
  • 組織を株式会社に改組
  • 商号を音羽電機工業株式会社に改め、本社を大阪市北区芝田町へ移転
1961年
東京営業所を開設、低圧用Pバルブ避雷器納入開始 低圧用Pバルブ避雷器
1971年
OTOWAグループ 長谷川電機工業株式会社を設立
1980年
低圧電源用LGL避雷器を開発 低圧電源用LGL避雷器
1981年
サージシェルタ(耐雷トランス)を開発
1997年
ISO9001(JIS Z 9901:1994)を認証取得
1998年
  • OTOWAグループ NIPエンジニアリング株式会社の全株式を取得(旧社名日本避雷針工業株式会社)
  • OTOWAグループ 株式会社メネオン設立(旧社名音羽エンジニアリング株式会社)
1999年
電気工事業登録(大臣免許)
2000年
  • ISO14001を認証取得
  • 本社事業所を尼崎市に設置
2003年
雷写真コンテストを開始
2004年
国内初の酸化亜鉛形クラスⅠSPD、クラスⅡSPDを開発 国内初の酸化亜鉛形クラスⅠSPD
2005年
  • 東京本社を設置
  • OTOWAグループ 株式会社セラオン設立
  • OTOWAグループ 韓国音羽電機株式会社設立
  • 国内初のIEC・JIS対応した試験装置を導入
2008年
尼崎市に雷テクノロジセンター開設 尼崎市に雷テクノロジセンター
2009年
沖縄県に北大東総合暴露試験場開設
2012年
OTOWAグループ 地質環境テック株式会社設立
2016年
創業70周年を迎える

表彰履歴

2017年
  • ZnO素子の劣化特性を考慮した耐雷機材劣化診断装置の開発に対し、第65回電気化学技術奨励賞を受賞
  • 平成29年度兵庫県発明等表彰において、兵庫県発明賞を受賞
  • 大阪発明協会より、永年の協会運営の貢献に対し、名誉相談役 吉田弘孝が功労者表彰を受賞
2016年
  • 兵庫県より「ひょうごオンリーワン企業」に選ばれる
  • JECA FAIR 2016 〜 第64回電設工業展 〜 において「同軸ケーブルSPDシグナル」に対し、一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞を受賞
  • 第27回電気設備学会賞において、社長吉田修が会長賞を受賞
  • 第28回中小企業優秀新技術・新製品賞において「風車直撃雷検出装置」に対し、優秀賞を受賞
  • 第67回全国カレンダー展において、第一部銀賞を受賞
2015年
  • 66kV送電用限流アークホーンの開発に対し、第60回澁澤賞を受賞
  • 平成27年度近畿地方発明表彰において「無電源サージカウンタ」に対し、中小企業庁長官奨励賞を受賞
  • 一般社団法人日本電機工業会より、社長吉田修が電機工業永年功績者表彰を受賞
  • 平成26年度大阪優秀発明表彰において「無電源サージカウンタ」に対し、大阪チャレンジ発明賞を受賞
2014年
  • 平成26年度近畿地方発明表彰において「避雷器接触子接合構造」に対し、大阪発明協会会長賞を受賞
  • 平成26年度兵庫県発明等表彰において、兵庫県発明振興功績賞を受賞
  • 雷対策の独自技術を有する企業の育成と、雷対策の普及、啓発と社会貢献に関する功績に対し、取締役社長 吉田修が旭日双光章を受章
  • グローバルニッチトップ企業100選において、経済産業省より「ネクストグローバルニッチ」に選ばれる
  • 平成25年度大阪優秀発明表彰において「避雷器接触子接合構造」 に対し、大阪チャレンジ発明賞を受賞
2013年
  • 協約寸法SPD及び免雷カウントSPDの開発に対し、第58回澁澤賞を受賞
  • サージ耐量・課電特性に優れた酸化亜鉛バリスタ素子の開発実用化に対し、第61回電気科学技術奨励賞を受賞
  • 平成25年度憲法記念日知事表彰において、社長吉田修が大阪府産業功労者表彰を受賞
2012年
  • 22kV限流アークホーンの開発に対し、第57回澁澤賞を受賞
  • 平成24年度近畿地方発明表彰において「分電盤用小形避雷器」に対し、大阪発明協会会長賞を受賞
  • 第4回日本ものづくり大賞において、経済産業省より「雷テクノロジセンター」に対し、特別賞を受賞
  • 平成23年度大阪優秀発明大賞において「分電盤用小形避雷器」に対し、大阪ものづくり発明大賞を受賞
2011年
  • 兵庫県知事より、社長吉田修が産業功労者表彰を受賞
  • 第59回電設工業展において「免雷カウントSPD」に対し労働安全衛生総合研究所理事長賞を受賞
  • 第2回ビジネス・イノベーション・アワードにおいて、社団法人日本経営士会より、優秀賞を受賞
  • 永年の安全活動に対し、青森労働局長より弘前工場が優良賞を受賞
2008年
平成19年度近畿地方発明表彰において「避雷装置」に対し、大阪支部長賞を受賞
2007年
第58回全国カレンダー展において全国中小企業団体中央会会長賞を受賞
2006年
経済産業省・中小企業庁より「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる
2005年
永年の安全活動に対し、福岡労働局長より九州工場が奨励賞受賞
2004年
永年の安全衛生活動に対し、弘前労働基準協会より弘前工場が安全衛生部会長賞受賞
2003年
社団法人発明協会より、会長吉田弘孝が発明奨励功労賞受賞
2001年
  • 平成13年度近畿地方発明表彰において「耐雷変圧器による耐雷方法」に対し、日本弁理士会会長奨励賞を受賞
  • 耐張耐雷ホーンの開発に対し、第46回澁澤賞を受賞
1999年
サージシェルタのシリーズ化に対し澁澤賞を受賞
1998年
  • 耐雷・防雷分野での多大な貢献に対し、相談役木村茂が黄綬褒章を受章
  • 第46回電設工業展において、アレスタ10が奨励賞を受賞
1997年
6回目の優良申告法人の表敬を受ける
1996年
第44回電設工業展において、動作表示付アレスタが大阪市長賞を受賞
1994年
第42回電設工業展において、配電用避雷器簡易試験器の開発に対し、大阪市長賞を受賞
1993年
  • 配電線並びに半導体機器応用システムへの雷防護技術の開発に対し、科学技術庁長官賞を受賞
  • (社)日本電機工業会より、吉田弘孝が永年功労賞を受賞
1992年
  • 屋内用低圧LGLアレスタの開発に対して、第37回澁澤賞を受賞
  • 半導体機器応用システムの雷防護技術開発に対して、第40回オーム技術賞を受賞
1991年
ライフリミッタの開発に対し、第36回澁澤賞を受賞
1989年
  • (社)電気学会より「雷その被害と対策」に対し、第45回電気学術振興賞を受賞
  • サージシェルタの開発に対し、第34回澁澤賞を受賞
  • (社)日本電機工業会より、電機産業の発展に貢献した功績で表彰
1984年
  • アレスタ自動切離し装置に対し、(社)発明協会より59年度近畿地方発明奨励賞受賞
  • 59年度大阪優秀発明賞を受賞
1981年
避雷器簡易試験器AT-6に対し、渋澤賞を受賞
1977年
(社)日本電機工業会より、電機産業発展への貢献に対し、吉田亀太郎が永年功労賞を受賞
1973年
第19回全国優良電設資材展において、CA-6Aが大阪市長賞を受賞
1972年
  • 優良申告法人の表敬を受ける
  • PC-1形光音検相器に対し、澁澤賞及び第17回全国優良電設資材展において中小企業庁長官賞を受賞
1967年
社長吉田亀太郎、勲四等瑞宝賞叙勲
1966年
低圧用Pバルブ避雷器の開発に対し、澁澤賞を受賞
1963年
第8回全国優良電設資材展において、AT-6形アレスタ簡易試験器が電設工業会会長賞を受賞
1962年
第7回全国優良電設資材展において、低圧形Pバルブ避雷器が技術奨励第一位を受賞
1961年
第5回全国優良電設資材展において、PC-A3/6C形Pバルブ避雷器が大阪市長賞を受賞
1960年
Pバルブアレスタの育成企業化の功績により、社長吉田亀太郎が藍綬褒章をを受章
1957年
Pバルブアレスタの製品化に対し、発明協会より昭和32年度全国発明実施賞を受賞