第61回「電気科学技術奨励賞」を受賞

この度、サージ耐量・課電特性に優れた酸化亜鉛バリスタ素子の開発実用化に対し、第61回「電気科学技術奨励賞」を受賞いたしました。

電気科学技術奨励賞(旧オーム技術賞)とは、科学技術の発展に寄与した者に対し、
公益財団法人電気科学技術奨励会より与えられます。

今回受賞いたしましたのは、従来品よりもコンパクトで、より大きなサージに耐量があり、
長期間の使用においても安定した信頼性の高い素子を開発し、量産化を可能としたことによるものです。

今後も製品開発に努め、SPDをはじめとした様々な雷対策製品を通して、
安全・安心な「免雷」の時代を提供する企業として、社会に貢献して参ります。

【第61回電気科学技術奨励賞】
・サージ耐量・課電特性に優れた酸化亜鉛バリスタ素子の開発実用化
株式会社セラオン            技術部    塚本直之
株式会社セラオン          理学博士  沖中秀行 
音羽電機工業株式会社    技術部    圓山武志                               以上3名

酸化亜鉛バリスタ素子

酸化亜鉛バリスタ素子

 

カテゴリー: ニュースリリース パーマリンク