2011電設工業展 労働安全衛生総合研究所理事長賞 受賞

新製品 免雷カウントSPD
第59回 2011電設工業展 労働安全衛生総合研究所理事長賞 受賞

音羽電機工業では、この度5月25日から27日に行われました第59回 2011電設工業展 製品コンクールにおきまして、新製品 免雷カウントSPDが労働安全衛生総合研究所理事長賞を受賞致しました。
製品コンクールとは、電気設備に関する資機材の進歩改良を促進し、電気設備向上と関連企業の振興を図るとともに、社会生活の向上に資することを目的に開催します。
音羽電機工業では今後も、製品開発に努めSPDを始め様々な雷対策製品を通し、社会に安全・安心な「免雷」の時代を提供する企業として、スマートグリッド社会に貢献して参ります。
免雷カウントSPDの詳細につきましては下記の通りです。(近日発売)

1.概要
本製品は、従来からご好評を頂いている「協約寸法SPD」に、雷サージが侵入したことを検知し、回数を表示する「サージカウンタ」の機能を一つにした新しい形のSPDである。
サージカウンタ機能を内蔵したことで、SPDの動作回数を確認することで、雷保護効果が見えるようになるとともに、設定以上の雷サージ電流を検出することで、SPDの寿命予測を行い、“SPDの見える化“を図っている。
協約寸法型による盤内設置性の良さはそのままに、サージカウンタ機能の内蔵による小型・省スペース化を図るとともに、劣化接点出力機能も合わせて“見える化“による効率の高いメンテナンスが可能となった。

2.製品の特長
1. JIS C 5381-1 試験規格対応
2. クラスⅡ(JIS C 5381-1)対応
3. 単相2線100/200V、単相3線100V/200V、三相3線200Vの電源回路に使用可能
4. 電源回路から侵入する雷サージの数を確認するサージカウンタ機能
5. 停電時もカウント数を保持
6. SPDの寿命予知機能、劣化表示機能および劣化接点出力回路付
7. JIS協約形配線用遮断器3極用の寸法に準拠
8. ネジ取り付けと、DINレール取り付けの2通りの方法が選択可能

カテゴリー: ニュースリリース パーマリンク