【雷害関係ニュース】愛知県、風力発電の羽根が裂けて垂れ下がる 落雷か

愛知県、風力発電の羽根が裂けて垂れ下がる 落雷か

2014年2月15日、愛知県にある風力発電施設で「風車の羽根が破損している」と付近の住民から通報があった。
破損の状況から、落雷によりガラス繊維製の部材を貼り合わせた構造になっている羽根が裂け、折れた可能性があるとみている。
周囲は畑や山林で近くに人家はなく、被害は出ていないという。

(読売新聞2014年2月17日付)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140217-OYT1T00224.htm

カテゴリー: 雷害ニュース パーマリンク