• SPD盤・その他電源用避雷器
  • 低圧電源用SPD・避雷器

低圧用Pバルブ避雷器

PV-T1F,PV-T2F

特長

  1. 雷サージ記録が残る
    避雷器が動作すると特性要素(エレメント)の表示面に放電痕跡が残ります。
  2. 制限電圧が低い
    100V回路用500V以下、200V回路用800V以下、絶縁強度の低い機器でも雷サージから保護します。
  3. 特性要素の取り替えは簡単
    特性要素の取替時期は表示面の放電痕跡で簡単に判別できます。

特性表

形式 PV-T1F PV-T2F
定格電圧 110V AC 220V AC
公称放電電流 8/20μs 1500A
放電開始電圧 商用周波 200V以上 400V以上
雷インパルス1.2/50μs 1000V以下 2000V以下
耐電圧(注1) 商用周波1分間 2000V
雷インパルス1.2/50μs 5000V
制限電圧 放電電流1500A(8/20μs) 500V以下 800V以下
放電耐量 雷インパルス大電流4/10μs 15kA 2回
(注1)容器のみについて実施。
(注2)使用温度範囲 -20〜+50℃
低圧用Pバルブ避雷器

形式

低圧用Pバルブ避雷器