第13回雷写真コンテスト作品紹介

第13回雷写真コンテストに多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
2015年1月〜10月の期間で募集し、2015年10月下旬に審査を行い、数々の素晴らしい応募作品の中から入賞作品を選出いたしました。
応募作品の中には世界各地で撮影された作品など、一瞬の煌めきを撮影された作品が多数あり、自然のエネルギーを強く感じました。
弊社は1946年創業、本年、創業70周年を迎え、雷写真コンテストは次回で14回目を迎えます。多数のご応募をお待ちしております。

*今回は創業70周年を記念し、創業70周年特別賞を設けています。また、学術賞はご応募頂いた作品の中で学術的に貴重な作品に対して贈られる賞です。したがって入賞数は変動します。

  • 競演
  • 雷とジャンクション
  • 潜む雷光
  • 熱界雷
  • 吉備の雷光
  • 日本丸と閃光
  • 雷光サインはオーム
  • 神話の世界、トールのハンマー
  • 屋根の上を踊る落雷
  • 熱帯夜の放電
  • 奇跡
  • アベックサンダーボルト 高圧線に落下
  • 北摂の稲妻
  • 太古の記憶
  • 神の存在を感じる
  • 美しき雷光
  • 昇月雷光
  • 柳都閃光
  • 光る、落ちる
  • あっスカイツリーが光った
  • 逃げろ
  • 吉備路に轟く雷光
  • 光の饗宴

グランプリ

タイトル 競演

撮影者 埼玉県 宇田川 巌 様
2013年5月4日撮影
於:栃木県足利市迫間町 あしかがフラワーパーク
Title Lightning Competition

受賞者コメント

毎年ゴールデンウィークに見頃を迎えるあしかがフラワーパークの藤の花は、昼間の藤も綺麗ですが、ライトアップされた藤の花は、幻想的になるので、夜に入園しました。しばらくすると、「ゴロゴロ」と雷の音がして、いきなりの雷雨。傘も無く、駐車場までは、遠く、園内で雨宿り。待っている間、雷の音と、光が凄かった。小雨になり、雷も静まって来たので、写真を撮り始めました。藤棚と、池に映り込む藤。この場所を通りがかった時、雷が鳴り、空に閃光。あわてて機材をセットして写真を撮りました。2枚しか撮れなかったのですが、その内の1枚です。運良く撮れた写真を、グランプリに選出頂き、有り難うございました。

金賞

タイトル 雷とジャンクション

雷とジャンクション

撮影者 岡山県 平田 晃一 様
2015年8月7日撮影
於:岡山県岡山市北区津寺 岡山自動車道
Title Lightning runs over the junction

受賞者コメント

この日の雷雲は西から東へ流れているのを確認し、どこから撮影すれば良い条件で撮影出来るかイメージしながら車を走らせていると高速道路のジャンクションが目に入り、「あそこなら雨をしのぎながら雷を撮影出来るだろう」と考えて向かいました。雷雲に接近しているのか雨風が徐々に激しくなり、現場に着くと雷雨から避難している人が数人いました。すぐにカメラをセットして撮影開始。雷だけを写すよりもその場の状況も分かるようにした方が良いと考え魚眼レンズを選択しました。約一時間の雷ショーを堪能して画像を確認すると、雷がジャンクションを貫く一瞬を運良く捉えることが出来ました。金賞という素晴らしい賞を頂きとても感激しています。

銀賞

タイトル 潜む雷光

潜む雷光

撮影者 鹿児島県 山下 徹志 様
2015年6月4日撮影
於:鹿児島県鹿児島市有村町 桜島
Title The lightning is lurking

受賞者コメント

夜間の火山活動を一度は見てみたいという思いから一眼レフを抱えて桜島へ訪れたのが2015年3月頃でした。そして訪れたその日に目の当たりにした爆発の様子は想像以上に神秘的で、それからというもの幾度となく桜島へ通うようになりました。この日はいつもより多くの火山雷が出ていたため、噴石が飛散する光跡を撮るよりも噴煙の形を残しつつ火山雷を写すために数秒ずつシャッターを切るようにしたところ、運良くこのような場面を撮影することができました。今回はこのような光栄な賞をいただき心より感謝しております。また、桜島での撮影において現地でお会いした多くのカメラマンの皆様、初心者の私に快く撮 影のご指導いただいたこと、この場をお借りしお礼申しあげます。ありがとうございました。

銅賞

タイトル 熱界雷

熱界雷

撮影者 兵庫県 新田 学 様
2015年6月18日撮影
於:アメリカ合衆国ユタ州 アーチーズ国立公園
Title Thermo frontal thunderstorm

受賞者コメント

アメリカ合衆国ユタ州のアーチーズ国立公園内で撮影した3枚の中の1枚の写真ですが、夜間にもかかわらずスーパーセルと思われる入道雲が立ち込めているのが肉眼でも確認でき、遠方で轟が聞こえ、車内からシャッターを切り続け撮影しました。

タイトル 吉備の雷光

吉備の雷光

撮影者 岡山県 最相 政実 様
2015年8月7日撮影
於:岡山県総社市宿 備中国分寺
Title Lightning Okayama

受賞者コメント

雷と備中国分寺の五重塔を絡めて撮影が出来ればと以前から 考えていましたが、今までチャンスが無く今回やっと撮ることが出来ました。最初は上から下への落雷でしたが途中から左右に走る雷光も混じり、 その時に撮影できた写真です。撮影は約1時間半に及び、近くに落雷があり地面が揺れるような時もありましたが、恐怖を感じながらも頑張った甲斐がありました。初めての雷撮影でこのような賞をいただき、これからは受賞を励みに雷撮影に積極的に取り組みたいと思っています。この度は誠に有り難うございました。

タイトル 日本丸と閃光

日本丸と閃光

撮影者 東京都 藤巻 芳博 様
2015年8月2日撮影
於:岩手県宮古市 宮古港付近
Title Lightning over the Nippon Maru

受賞者コメント

この度は素敵な賞を頂きありがとうございます。撮影地は岩手県宮古市宮古港になります。妻の故郷で、私にとってもとても大切な場所です。撮影当時は、宮古港に日本丸が入港していました。夜になり、明日には出航してしまう日本丸のライトアップ撮影に出かけました。そこで、雷が鳴り始めたので雷撮影に変更です。初めての雷撮影でしたが、うまく日本丸と撮影する事ことができました。2011年3月11日東日本大震災で津波があり多くの犠牲があった宮古の海ですが、撮影日はとても静かで穏やかでした。

学術賞

タイトル 雷光サインはオーム

雷光サインはオーム

撮影者 福井県 吉岡 敏夫 様
2012年10月11日撮影
於:福井県丹生郡越前町 かれい公園バーベキューハウス
Title Lightning ohm in the sky

受賞者コメント

今回、学術賞ありがとうございます。これで、やっと、家族から雷の撮影で夜飛び出す自分を認めてくれると思います。今回の撮影は越前海岸の福井市側の撮影ポイントで撮影待機していましたが敦賀方向に雷光が見えたため、雨の中、越前海岸を南下し、屋根のある場所へと車を進めやっと、三脚を立てバルブ撮影開始しましたが雨も止み雷光が見えなくなりガッカリして海岸の様子を見ていた時、突然の雷光で後ずさり、カメラのモニタを確認しその後は、雷を捕えることができませんでした。雷との関わりは、40数年前の学生時代に雷と電波の講義を聴いて以来です。 電気系の雑誌を見た時、貴社の「雷写真コンテスト]を知りました。それから撮影方法を教わり、雷雲が海岸から陸地へ移る、その時を自宅のベランダから狙いそれから、夜間に飛び出す様になりました。

創業70周年特別賞

タイトル 神話の世界、トールのハンマー

神話の世界、トールのハンマー

撮影者 東京都 ネウストローエヴァ・ナターリヤ 様
2012年5月6日撮影
於:千葉県千葉市若葉区谷当町 千葉ライディングパーク
Title The World of Myth: Thor`s Hammer

受賞者コメント

「創業70周年特別賞」という素晴らしい賞をいただき、大変嬉しく光栄に思います。撮影日は朝から晴れで、午後になって急に雲が出てきて遠く響いていた雷が凄まじい音に変わり、稲光があちこちで垂直に落ちていました。馬も怖がり、鳴いて興奮していました。飛行機のエンジン音が聞こえてきたので普段持ち歩いているカメラを取り出し、空を見上げながら大好きな飛行機をズームして一回、そしてすぐ二回目にシャッターを押したその瞬間、ファインダーを通して目に激しい光が走りました。すぐ確認してみると一枚目は飛行機だけ、二枚目にはこの神話の世界のようなシーンが広がっていました。この一枚は私にとって今まで撮ってきた飛行機写真の中で一番大事にしてきた写真です。偶然の中の偶然、奇跡の一枚だと思っていました。安全なフライトのための優れた設計技術に感動しました。

佳作

タイトル 屋根の上を踊る落雷

屋根の上を踊る落雷

撮影者 兵庫県 新田 学 様
2014年11月11日撮影
於:ニュージーランド クライストチャーチ
Title Lightning strike dances on the
rooftops

受賞者コメント

ニュージーランド南島クライストチャーチ郊外にある友人宅から撮影したものですが、最初は遠雷だったものがどんどん頭上の方へ近付き、至近距離に落ちたと思われる雷写真です。

タイトル 熱帯夜の放電

熱帯夜の放電

撮影者 兵庫県 新田 学 様
2014年12月4日撮影
於:シンガポール センバワン
Title Discharge of a Sultry Night

受賞者コメント

一年を通して熱帯亜のシンガポールで撮影しました。毎日のように雷雲が立ち込め、落雷が発生する確率が高い国で危険であるため、ショッピングモールの屋根付き駐車場へ行き、30秒間隔でシャッターを切り続け撮影できた一枚です。

タイトル 奇跡

奇跡

撮影者 兵庫県 新田 学 様
2015年6月11日撮影
於:カナダ オンタリオ州トロント
Title The miracle

受賞者コメント

カナダ、トロントへ出張中に撮影した遠雷の写真です。撮影場所は、公園内のテニスコートの屋根付き休憩場所を利用し、三脚を立てて、気長に落雷を待ち続けた結果、553mのCNタワーの頂上に落ちる様子を撮影することができました。

タイトル アベックサンダーボルト 高圧線に落下

アベックサンダーボルト 高圧線に落下

撮影者 大阪府 小森 敦雄 様
2015年8月8日撮影
於:大阪府大東市末広町
Title Lightning couple falls and unites with voltage line

受賞者コメント

この日は、前日の雷予報を信じ、レンズを生駒山の高圧線方向に早々と向け、雷を待ちました。ネットで雷雲を確認しつつ、待つこと数時間。遠方の雲が光り始め「よっしゃ来た」と、つい独り言。そして、インターバル撮影開始。稲光はこちらに近づいて来ましたが、レンズの外側ばかり。方向を変えようか心が揺らぎ始めた頃、目の前に一瞬、閃光が走りました。「今の入ったかな?」「シャッター開いていたかな?」「神様お願い」なんて、神頼みしながら、雷雲が通り過ぎるまで、シャッターを切り続けました。そして、焦る気持ちを抑えながら画像を確認すると、写っていました。しかも2本も。「やったー」と、また、独り言。今回は、高圧線に落ちたら良いな、と思いながら撮影したので、大変満足の行く結果となりました。

タイトル 北摂の稲妻

北摂の稲妻

撮影者 大阪府 森澤 徹 様
2015年8月7日撮影
於:大阪府吹田市樫切山
Title Lightning of Hokusetsu

受賞者コメント

完成が間近の吹田サッカースタジアムを「見てくれ」とばかりに閃光が走り、急いでシャッターを切りました。ほとんどがカメラ振れ画像の中の一コマです。選んで頂き、ありがとうございました。

タイトル 太古の記憶

太古の記憶

撮影者 茨城県 篠﨑 智宏 様
2015年8月2日撮影
於:茨城県坂東市 八坂公園
Title Ancient memory

受賞者コメント

この度は私の作品を佳作に選出していただき光栄です。雷写真が大好きで近年ではテーマを決めて撮影をするようにしています。今回は自宅近くの恐竜の遊具がある公園で「恐竜の時代」をイメージし、狙ってみました。これからもストーリー性のある雷写真に挑戦していきたいです。ありがとうございました。

タイトル 神の存在を感じる

神の存在を感じる

撮影者 京都府 新出 弘紀 様
2015年8月8日撮影
於:バチカン市国 サンピエトロ大聖堂
Title The presence of God

受賞者コメント

夏の旅、最後の訪問地『バチカン』。夏らしい蒸暑い昼間の快晴から一転、突然の雷雨。サン・ピエトロ大聖堂の懐で雨宿りすること30分。ようやく雨が通り過ぎたと広場に出て振り返った時に見かけた光景。聖堂を包む光の質感・噴水の流れをイメージし、手持ちながら1/8秒のスローシャッターでタイミングを計りながら150枚ほど撮影。その中で唯一、一枚神を捉えた瞬間。良い記憶となりました。

タイトル 美しき雷光

美しき雷光

撮影者 静岡県 有賀 大介 様
2015年8月7日撮影
於:滋賀県大津市 比叡山ドライブウエイの展望台
Title Beautiful Lightning

受賞者コメント

この度は、佳作に選出して頂き、ありがとうございます。この日は、「びわ湖大花火大会」で比叡山ドライブウェイに来ていました。撮影に選んだのは、琵琶湖から京都方面まで一望できるスポットでした。花火が始まる前の待機時間に、西の空を大きな雷雲が覆い始め、時間の経過とともに雷が鳴り始めました。「これはチャンスだ」と思い、場所取り用の三脚をその場に放置し、予備三脚・カメラ・レリーズを持って撮影しに向かいました。信じられないほど真っ赤な夕焼けが京都の空を染め始めた頃、目の前で大きな落雷が発生しました。今回選出して頂いた写真は、その瞬間を撮影したものです。撮影直後は、あまりの衝撃にしばらくその場で呆然としていたのをよく覚えています。

タイトル 昇月雷光

昇月雷光

撮影者 神奈川県 牛ノ浜 俊一 様
2015年8月2日撮影
於:山梨県南アルプス市芦安芦倉 北岳
Title The moon rises with the lightning

受賞者コメント

満月が昇るのと富士山をフレーミングに収めようと北岳3000mあたりにテントを張りました。三脚を構えて月が昇ってくるのを待ち、富士山を絡めて撮影していた時、視界の左側で一瞬稲光が走りました。素早くカメラを振り、昇る月と稲光の方に的を絞って次の発光を待ちました。しばらくの間雲の中での放電ばかりで、なかなか外に稲光が出ませんでしたが、やっとその瞬間を捉えることが出来ました。ほんの短い時間で稲光は遠ざかってしまいました。二度と出会えないだろう極めて珍しい自然現象をカメラに収めることが出来た幸運に感謝しました。

優秀作品

タイトル 柳都閃光

柳都閃光

撮影者 兵庫県 佐藤 孝 様
2014年10月16日撮影
於:新潟県新潟市中央区万代 柳都大橋
Title Lightning from Niigata’s Ryuto Bridge
タイトル 光る、落ちる

光る、落ちる

撮影者 愛媛県 安野 孝 様
2014年7月19日撮影
於:愛媛県今治市波止浜 波止浜水門
Title Glowing fall of lightning
タイトル あっスカイツリーが光った

あっスカイツリーが光った

撮影者 神奈川県 氏家 智子 様
2015年6月23日撮影
於:東京都墨田区業平
Title Skytree’s illumination
タイトル 逃げろ

逃げろ

撮影者 京都府 築山 忠則 様
2015年8月6日撮影
於:京都府亀岡市千歳町
Title Run away!
タイトル 吉備路に轟く雷光

吉備路に轟く雷光

撮影者 岡山県 北川 隆司 様
2015年8月7日撮影
於:岡山県総社市上林 備中国分寺
Title Lightning road in Okayama
タイトル 光の饗宴

光の饗宴

撮影者 埼玉県 長谷川 孝 様
2015年8月2日撮影
於:埼玉県深谷市
Title Feasting on lightning
※上記の情報、写真を無断に使用、転用、販売することは固く禁じます。